2011年03月21日

富沢中学校の卒業式が挙行されました

3月11日に発生した東日本巨大地震で被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の方々に心からお悔やみ申し上げます。

3月19日、富沢中学校の卒業式が行われました。
県内一の学年生徒数、308人の卒業式は体育館で行われましたが、余震が続くことや
トイレが使えない(水が通っていない)状況のため、予定時間は1時間で行われました。

富沢中学校の体育館、柔剣道場は避難場所になっています。
新潟から支援部隊も来てもらって復興活動を行っています。

来賓には、新潟の支援部隊3名も出席していただきました。

本来の卒業式は12日に行うはずだったのですが、11日の巨大地震で中止となりましたが
学校及び地域の方々やPTAの理解もあり、卒業式を行うことが出来ました。

ひとりの命が欠けることなく卒業式を行うことができたことはありがたい事だと思います。

富沢中学校の卒業生たちは地震で学校が休校となっている間も、体育館に避難している
人達のためのボランティア活動を行ってくれているそうです。

被災後1週間の疲れも見せず、元気に卒業していった子供たち。

都市ガスが来ていないので、炊事や入浴などの不便を強いられていますが、卒業式が出来ない
学校のことを考えるとありがたいことでしょう。

多くの犠牲者が出ていますが、仙台、宮城の復興はこの15歳の子供達にかかっています。

25歳となる10年後。社会人となって、蘇った宮城県や東北のいたるところで活躍してくれることを
祈っています。

名残り惜しく昇降口前で卒業の喜びを語り合う生徒達。



  


Posted by FCトミザワ at 14:43Comments(0)富沢中学校

2010年02月24日

仙台市付近の公立高校入試の倍率発表

県内の公立高校一般入試は3月4日に行われます。
富沢中学校の生徒も挑戦するわけですね。
2月23日が願書提出の日でした。即日に、倍率発表です。

今回の入試から学区が撤廃されました。富沢中学校は南学区でしたが、全県1学区制の導入の影響がさっそく現れたようですね。

まず、出願倍率は去年よりも高く1.26倍です。最高倍率は宮城工業の情報技術科で、なんと3.00倍。去年より1.25ポイント高くなりました。

次に倍率が高い高校は、塩釜高校のビジネス科の2.42倍です。
富沢中学校からは宮城工業を受験していた生徒も多かったのですが、情報技術科受験は何人ぐらいいるのでしょうね。難関ですが突破して欲しいものです。
実業高校系が高倍率のようですが、普通科系で一番倍率が高いのは、仙台一校普通科の1.94倍です。男女共学1年目です。

気になる仙台二高は、なんと1.00倍。定員数に対し1名多い出願者数だったらしいです。
仙台二高を第一志望にしていた生徒が、仙台一高に変えたのではないかと思っています。
結果として仙台一高の高倍率という結果になったのではないでしょうか。
学校や進学塾も仙台二高に合格できる力を持つ生徒だけに出願させたのではないのかなあと想像しています。

富沢駅周辺から近い高校のひとつ、宮城三女も共学化になり「仙台三桜」となりますが、募集定員335人に対し、男子65人が出願し、1.71倍です。
「仙台二華」は、宮城二女が中高一貫校、共学となりますが、定員168人に対し男子30人が出願しています。

このようにしてみると、仙台一高、仙台三桜、仙台二華のあるいわゆる南学区がの倍率が県内で最も高くなっていることがわかりますね。

全県一学区により、仙台市内の高校に一極集中するのではないかという懸念もありましたが、古川高校や気仙沼高校も去年とほぼ同倍率という事で、一極集中はない、と県は発表しています。

南地区の各高校の倍率です。
仙台向山普通科1.67、理数科1.54
仙台南1.81
仙台西1.64
仙台東普通科1.35、英語科0.88
宮城工機械科1.10、電子機械科1.56、電気科1.23、情報技術科3.00、科学工業科1.43、インテリア科1.83

富沢中学校からは亘理名取地区へ進学する生徒も少なくありません。
名取普通科1.74、家政科1.79
名取北1.32
宮城農園芸科1.26、農業機械科1.41、食品化学1.58、生活科1.29

富沢中学校に通う生徒は、富沢駅周辺地域の交通の便がよいため必ずしも近くの高校を選ばなくてもよくなったわけですが、結果として南地区が高倍率という事になりましたね。

全県一学区、共学化と高校の「チェンジ」の年になりますが、3月4日の本番に向けて
体調管理をしっかりしましょう。

  


Posted by FCトミザワ at 09:12Comments(0)富沢中学校

2010年02月18日

がんばれ富中生!がんばれ受験生!

仙台市太白区富沢駅周辺の中学校と言えば富沢中学校です。

富沢中学校の3年生は、推薦入試が決まってほっとしている生徒もいますが、
これからの本番に備えて必死に勉強している生徒がほとんどでしょう。

学区撤廃の最初の受験。
先が読めないだけに、学校の先生も、太白区の学習塾も情報収集が大変なようです。
太白区の区役所周辺には学習塾が集中していますね。看板を多く見かけます。

夜9時過ぎになると、送り迎えの保護者の車が学習塾の前につながります。
予定では、3月4日が公立高校入試で、6日が中学校の卒業式、10日が合格発表。
短い期間ですが、体調を整えてがんばって下さいね。

バンクーバーオリンピックを見ている余裕もないとは思いますが、日本選手団も4年に一度のチャンスに全力を傾けています。

富沢中学校はマンモス校で、1学年が7クラスから8クラスあります。
大きいですよね。
もうひとつ中学校があってもいいぐらいですね。

西多賀小学校、大野田小学校から進学するわけですが、来年は、仙台市立富沢小学校の卒業生も進学することになります。

大野田小の学区を見直して、4月からは大野田小と富沢小と離れ離れになってしまいますが、中学でまた一緒になれます。

先日、富中の1年生や2年生は期末試験を終えたばかりです。
オリンピックを見られる時間もできたかな。

ぜひ、先輩を応援してあげましょう。

  


Posted by FCトミザワ at 10:06Comments(0)富沢中学校