2010年03月11日

公立高校一般入試合格発表の結果

昨日10日午後3時、仙台では雪が降っていましたが公立高校一般入試の
合格発表がありました。

勤務先、親戚では夕方になると携帯メールなどで合否の情報が流れていた
様です。

合格した生徒の皆さんおめでとうございます。たくさんの人に感謝をしてほしいと
思います。

富沢駅周辺住民は、今年から学区撤廃、県下1学区による影響がどのように
でるのか、子どもを持つ親としては今朝の新聞にくぎ付けでしょう。

2次募集をする高校は、旧南学区で仙台市内では、仙台二高普通科と仙台東高の英語科です。
仙台二高は定員に対し1名増で1.00倍だったのですが、受験当日は1名が欠席し、1名が不合格になったため、1名を二次募集するらしいのですが、どの程度の倍率になるのか想像もつきませんね。私立高校は受験済でお金も払っているでしょうし・・・・。
東高の英語科は定員に2名少ないだけだったのですが、2次募集が4人という事らしいです。

公立高校は入学金と授業料を足しても1ヶ月あたり2万円に満たない程度ですが、私立高校は授業料は7万円程度です。経済的な判断も大きいですね。

今回は第一志望を二高にしていた生徒が、安全策をとって一高に流れたという事が結果ですが、一高に不合格となった生徒が二高にチャレンジしてもその狭き門は1名。

富沢駅周辺の小学生、中学生も高校入試を目指すなら計画と情報が大切ですね。

でも、勉強ばかりでなく、運動もしっかりやって欲しいものです。

東大受験で有名な灘高校は「黒い秀才」というモットーがあったそうです。

黒い秀才はいいですが、昨日の白い雪にはまいりましたね。
富沢駅前のタクシープールもこんな状況でした。
  


Posted by FCトミザワ at 09:01Comments(1)富沢駅周辺と教育情報