2011年03月31日

ガスの復旧が計画より遅れているようです

富沢駅周辺地区の都市ガスの復旧状況が遅れているようですね。

先週、奥山市長の発表と河北新報のニュースでは富沢駅周辺は
S1ブロックということで、25日に開栓作業、その後1,2日後に
ガスが使えるというものでした。

3月末には市内の供給エリアのほとんどで都市ガスが使えるという
ものでした。沿岸部の津波被災エリアは除かれています。

今日、31日。もう20日間も風呂に入っていないという家庭も多いでしょう。

仙台市では貸風呂、借風呂生活という言葉が流行しています。

富沢駅周辺でも、電気、水道が復旧していて、プロパンガスを使用している
アパートや戸建て住宅は、震災前同様に風呂が使用できています。

都市ガスに頼ったマンションは「風呂難民」の集団です。

西多賀にはスーパー銭湯極楽湯がありますが、整理券が配布されてから
入浴するようになっています。

ひとり1枚。家族4人で、小学生の子供が2人いたら4枚必要なので4人で
ならばければなりませんよね。

風呂に行くまでに、クルマを利用すればガソリンが必要です。
湯冷め対策も必要。

まだまだ寒い仙台。

風呂はこころを和ませます。
避難所でも風呂を積極的に設置しているようです。

ガス復旧部隊は県外からも支援があり、3000人を超える体制で復旧にあたって
いるので、文句は言えません。

水道の復旧が遅れていた茂庭台はガスも復旧したようで、本当に良かったです。

都心の郊外部から復旧を開始しているようなので、富沢周辺は今週末には復旧を
期待しています。

電気で風呂を沸かす方法で入浴している方もいるようです。
ブログを発見しました。

宮城県民4人家族復興ブログ

また、ガソリンスタンド情報を紹介しているブログもあります。

アラサーアミュの自由研究

情報が大切だとつくづく思います。  


Posted by FCトミザワ at 08:48Comments(0)仙台市震災復旧