2014年09月14日

ホルモン揚げを自宅で作ってみた

ケンミンショーが好きでよく見ています。

僕はもともとホルモンが好きなので、長町のホルモン屋とか
大野田のホルモン屋に行きます。

ケンミンショーで、群馬の名物「ホルモン揚げ」がとても
ウマそうでした。

串カツのような姿なのですが、ホルモンを揚げても美味そうだと
思っていたら、中身はなんと

ちくわ

でした。

ちくわと言えば仙台笹かまほどではないにしろ、仙台では
容易に手に入るメジャーな食材。

ケンミンショーでは、ちくわを横半分、縦半分にカットして
パン粉をつけて揚げ、ウスターソースを主体としたソースに
浸すというもの。

秘伝のソースはまるで駄菓子屋のソースかつのようだという
コメントでした。

さっそく群馬の知り合いに「送ってくれ」コールをしましたが
揚げ物を送るのは難しいとのこと。

なら、自分でつくってしまえ。

全体像



断面





食感は、白身魚フライのような味でした。
冷めても美味しいらしいので、弁当にもgoodかも。

今回はビールのつまみでしたが、ご飯にも合いそうです。
細いちくわでなく、太めのおでん用のちくわを使うのがコツらしいです。
お試しあれ。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ホルモン揚げを自宅で作ってみた
    コメント(0)