2009年01月01日

名取川の堤防です

一級河川名取川は、富沢駅周辺の部分は改修されています。
北側は有料道路の南部道路が河川に沿って通っています。

名取川の堤防です



名取川の堤防です




南部道路と並行するように、堤防が整備されています。
これは、河川の南側(下流に向かって右岸と言います、北側は左岸と言います)も同様です。

でも、富沢から名取川河川敷きに出るには、なんと3か所しか出入り口がありません。
そのうちのひとつはゲート有で通常は閉鎖です。人間は通れます(自転車も担げば通れます)
もう一つは、変質者も現れるという操車場裏のトンネルです。
ここで私は、真昼間に水着を着た中年男を見ました。

恥ずかしそうにしている男に対して「子供たちが見たら怖がるから、さっさと帰りなさい」と言いました。男は「はい、すみません・・・」と言って、自転車で帰りました。

あの後ろ姿は忘れません。それいらい「おかまトンネル」と呼んでいます。

もう一つは大きい車も通れるメインルートですが、お墓の前を通るので、夏場は肝試しの場となっています。

この堤防の河川敷きに畑が広がっていますが、権利をもっているんですね。大雨が降れば、この畑も水に浸かってしまう仕組みですが、200年に一度の確率との事です。

野球とサッカーが出来る、冨田緑地グラウンドというものもあります。トイレが無いのがウィークポイントですけどね。

管理は太白区役所建設部と仙台河川国道事務所が行っています。


同じカテゴリー(富沢の地理)の記事画像
今朝の新笊川の様子
同じカテゴリー(富沢の地理)の記事
 今朝の新笊川の様子 (2014-08-31 08:35)
 富沢駅周辺とは (2008-12-08 12:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
名取川の堤防です
    コメント(0)